CAVI検査で分かる心臓病リスクと予防のための果物

生活習慣病である動脈硬化や高血圧。これら血管の異常は、血管をコントロールする心臓に影響を及ぼすので、心臓病のリスクを著しく増大させる危険な病気です。特に動脈硬化は進行中でも目立った自覚症状が少なく、「沈黙の殺人者」とも呼ばれています。
そんな物言わぬ血管の状態を調べる有効な方法として、CAVI検査があります。この検査は5分程度で終わる簡単なもので、腕と足首の脈波と血圧を測定し、動脈の硬さやつまり、血管年齢を算出します。CAVIは、血圧の変化に応じた血管の動きが硬いほど値が大きく、9.0を超えると何らかの異常が起きているとされます。
CAVI検査では、足の動脈の詰まり具合を表すABI値もわかります。足首の血圧は、健康な状態であれば腕の血圧よりも少し高いくらいですが、脚の動脈が詰まっていると腕の血圧よりも低くなります。0.9を下回る場合は詰まっている可能性が高いとされます。血管年齢は、同性で同年齢の平均CAVI値との比較で算出され、血管年齢が高いほど動脈硬化ははやく進行します。CAVI検査はこのように簡単かつ有効なので、心臓病予防のためには受けておきたい検査です。
血管を健康に保つためには、コレステロールや塩分の摂りすぎに注意したり、運動不足を解消するなどももちろん効果的ですが、果物も心臓病予防に効果があることが知られています。大きな血管、冠動脈から酸素と栄養を送られている心臓では、冠動脈に異常が起きると酸素や栄養が不足して心筋の壊死が起こりやすくなります。こうなると、心筋梗塞や狭心症などの心臓病につながってくるのですが、こうした症状を引き起こす動脈硬化を予防するために、食物繊維の一つであるペクチンの摂取が勧められています。ペクチンは、リンゴ、キウイ、桃、イチゴ、いちじく等の果物に豊富に含まれています。ただ、肥満気味の人や中性脂肪の多い人は果物による糖分の摂りすぎには注意しましょう。