高齢者は心臓病の中でもアテローム性動脈硬化症に注意

高齢者の中で、心臓病を患っているケースは珍しくありません。これは、体内の血管が徐々においてくると同時に、心臓自体も劣化していくため仕方のない事です。その中でも、特に気をつけておく必要があるのが、アテローム性動脈硬化症です。
心臓病の中でも、近年特に見られるこの疾患は高齢者の中でも非常に多くの人が患っている高血圧や高血糖によって血管組織が阻害され、悪玉コレステロールが血管内に増大する事で起こる動脈硬化です。コレステロールを体内で殺す事によって死骸がたまり、血栓となります。血栓は血液循環の中で静脈を通り、心臓や脳まで移動します。それによって、心臓病の中でも重篤な疾患である心筋梗塞や、様々な後遺症、合併症リスクを生じる脳梗塞を引き起こします。これまではナトリウムの取り過ぎなどから脳血管障害の中でも脳出血が多かったのですが、食生活の変化とともにこのアテローム性動脈硬化症が増加しているのです。
このアテローム性動脈硬化症ですが、普段の生活習慣によってある程度予防が可能です。高脂血症、高血圧、高血糖が原因ですので、油物を取り過ぎたりしない事が大切です。心臓病リスクを増大させる物ですので、高齢者になってからではなく若い間から予防する事が大切です。
心臓病は日本人が亡くなる原因疾患として多いものです。だからこそ、その原因であるアテローム性動脈硬化症を始めとした動脈硬化を予防する事が重要です。生活習慣を整え、運動習慣を身につける事が重要ですので、若い間から暴飲暴食を避けて健康的な生活を行うようにしましょう。また、高齢者の方の中ですでに発症している疑いがある方も、生活習慣を整え、心臓病や脳梗塞のリスクを軽減させるようにしましょう。