冠攣縮性狭心症の怖さ

冠攣縮性狭心症とは聞きなれない言葉ですが、安静狭心症とも呼ばれています。
心臓に血流と酸素を届ける、冠動脈という大きな血管が詰まったりすることによって起こるのが狭心症ですが、中でもこの冠動脈が何らかの原因で痙攣を起こし、いつもは正しいリズムを刻んで血流を送る血管に異常を起こしてしまうものを、冠攣縮狭心症と言います。
少し動いただけでも息がはずんで胸が苦しくなる労作性狭心症とは違い、夜や朝方の寝ている間に多く、安静にしている時に瞬間的に胸が苦しくなることが特徴です。

冠攣縮性狭心症の怖さは、突然死を起こす確率が高いところにあります。
みんなが寝静まっている時間に急に胸の痛みがおこるため、最悪の場合、だれにも気づかれず亡くなってしまうことがあるからです。
痛みは日中になるとおさまるため、その時に心電図を取っても何も異常が出ないのです。
一度でも安静時に胸痛があったら、24時間心電図をとって、病気の発見に努めることが重要です。
この冠動脈の異常な痙攣を抑えるために、カルシウム拮抗薬やニトログリセリン舌下錠と呼ばれる薬や血圧を下げる薬などの投薬療法が行われますが、それでも症状が続くときや血管のつまりが深刻な場合には、ステントと呼ばれる、血管を広げて症状を取る手術が行われます。

労作性狭心症とは

心臓の病の種類は多くありますが、高齢の方がかかりやすい病気として労作性狭心症というものがあります。
この労作性狭心症とは心臓につながる血管が細くなって、運動をするときに急にめまいや動悸がする症状です。
特に胸のあたりが痛くなることが多く、肩や歯のあたりまで痛みが広がることがあります。
この症状になった時は心臓の病が進行しているおそれがあるので、早めに医師の診断を受けたほうがいいです。
心臓の病というと不安になりますが、初期の症状なので怖がらず対応のやさしい医師に診断を受けるべきです。
直すためには手術をする必要がありますが、最近は簡単にできる手術が増えているので負担はそれほと大きくはないです。
心臓につながっている血管の通りを良くすればいいだけなので、手術そのものは大変なものにはなりづらいです。
また場合によって薬物療法や運動で治療が可能な場合もあります。
ただ放置しておくと段々悪化してくるので、階段を登る時に胸の痛みを感じた時はすぐに医師の診断を受けたほうがいいです。
この病気は高齢者の方がなりやすいですが、高血圧や糖尿病の人もなりやすいです。
そのため若い世代の方でも、そのような病気にかかっている場合は症状が発生することがあります。