狭心症の症状と原因

心臓における大きな病気については、狭心症や心筋梗塞が主に挙げられます。
多くの場合、狭心症が悪化する事で心筋梗塞になる事が多いです。
そのため、狭心症の症状と原因についてよく理解しておく事で、これらの症状を早期に発見したり予防する事が可能になります。
まず狭心症とは、心臓にある冠動脈という血管が、狭くなったり詰まったりすることで十分に血液が流れなくなり、心臓に必要量の酸素が供給されなくなる状態を指します。
これによって起こる症状としては、胸が締め付けられたり胸が痛む、左肩から左腕にかけて痛みを伴う等が挙げられます。
これらは安静時にも労作時にも起こるとされており、発作が起きる時間は数分位とされています。
これらの発作はほとんど一時的な場合が多いため注意が必要です。
原因について最も大きいとされているのが、動脈硬化による原因です。
動脈硬化により血管内が狭くなったり血栓が起こる事で、酸素が十分に供給されにくくなります。
そのため、動脈硬化の因子を持っている人は注意が必要です。
狭心症の治療方法としては、外科的手術や内服治療が一般的です。
外科的手術については、バイパス手術等が主に行われます。
内服治療については、発作を抑える薬や発作を予防する薬等があります。
発作を抑える薬についてはニトロペン、発作を予防する薬についてはアダラートを用いる事が多いです。
その他にも、食生活や安静治療といった内容の治療も存在します。
これらは症状に合わせた治療を組み合わせる事が大切です。
また動脈硬化の因子がある人には、動脈硬化を改善するための治療も行われることがほとんどです。
このように、症状だけでなく治療方法も知っておく事も大切です。